Monthly Archives: 5月 2017

「ヤミ金融」ってどう対策すればいいの?

ヤミ金融の対策とは具体的にどうすれば良いのでしょうか。ヤミ金融の被害に遭わないようにするにはどうすれば良いのでしょうか。

ヤミ金融というのは国や都道府県に登録をせずにお金を貸したりしている業者を指します。本来貸金業というのはそうした登録が必要なのですが、ヤミ金業者はその登録をせすに貸金業を行っているのが特徴です。登録の無い貸金業というのは法律違反になりますが、その上でも闇金融が営業を行っているヤミ金業者は背後に暴力団の存在が見え隠れするなど、非常に問題の多い存在であると言えます。

十年ほど前からテレビ等でも頻繁に090金融というものを見た方も多いのではないでしょうか。この090金融というのは固定電話を持たず、携帯電話で連絡を取り、銀行へのお金の振込も法人名義ではなく個人名義で行われるのが特徴です。そして返済も個人の名義の銀行口座に振り込ませたりするのです。こうした金融業者の存在は昔から社会のガンのように扱われてきているのです。

そしてこうして、違法に貸し出されたお金は、借りた側は返す義務が無いのをご存知でしょうか。こうしたヤミ金融は多くの場合、暴利の貸し借りを行ったりします。通常の金融業者から借りる場合よりも非常に高い金利で貸し付けてきたりするのです。こうした高い金利で貸し付けてくるようなヤミ金業者は反社会的な存在であると言えます。こうした闇金融業者は法律の保護に値しないと考えられます。

そのためヤミ金融から借りたお金は「不法原因給付」と呼ばれるものであるとみなされるため、返さなくても良いという最高裁判所の判例もあるのです。

しかし元から違法なヤミ金なわけですから、嫌がらせをしてでも取り立てを行ってくる場合があります。そうした場合には弁護士に相談して、解決を図る事が重要になります。

会社でセクハラの被害に遭ってしまったら

会社でセクハラの被害に遭ってしまった!そのような場合にはどうすればいいのでしょうか?
揉めてしまうことを恐れて、中々拒絶することもできなかったりする場合もあることでしょう。しかしそのまま何もしなかったら、よりエスカレートしたり、同じ状態がずっと続いたりして、つらい思いをする事もあるかもしれません。

セクハラの前提となる「性的な言動」などの基準というのも「相手方の意に反する」ものがセクハラであるとされているため、同じことを言っても、相手によってそれがセクハラになる場合とセクハラにならない場合があるというのです。明確な基準が無いがために判断が難しい部分もありますが、場合によっては民事上の責任ということで、損害賠償を請求が発生する場合もあります。また、程度によっては刑事上の責任が追求される場合もあります。

こうした訴訟に至るまでにも様々な抗議を行ったり、社内の相談センターや労働組合への相談を行う事で、救済が出来る場合がありますので、自分が利用できる制度などについて知っておくことが重要であると言えるでしょう。まず抗議する方法についてですが被害に遭っているということをしっかりと伝えるため、その意思表示をすることになります。実際に伝えたりする方法としては、口で直接言う方法のほか、文書やメールの形で行うことも可能です。こうした意思表示にをしたにも関わらず、継続してセクハラを行ってくるような場合には、「セクハラの行動や言動に対して拒絶するという意思表示をした」ということが後から明確に証拠としてわかるように、書面によって拒絶の意思を相手に伝えるのが良いでしょう。

「自分は拒絶しましたよ」という意思表示を明確にした状態で、社内や労働組合へ相談を行う他、行政サービスの窓口においてもこうした意思表示を行えるようにしておきましょう。

損害賠償などの民事上の責任や、セクハラの程度によっては刑事上の責任を追及することが考えられますが、訴訟に持ち込む前にも、以下のような対応を取ることで一定の救済を図ることができる場合があります。
引用:https://www.midorisogo-law.com/cont6/page8.html