交通事故に遭って収入が減ってしまった…「休業損害」を請求できる?!

交通事故に遭い怪我をしてしまった。仕事に行くことが出来なくなり収入が減少してしまったという時、何か保証してもらうことはできるのでしょうか?

交通事故で怪我をして、治癒したり症状固定するまでの期間に、働くことができずに生じた収入の減少分について、「休業損害」として請求することができます。
引用:http://www.kawasaki-asuka.com/jiko/page45.html

そういったとき、「休業損害」として請求をすることができます。
休業損害と言うのは、交通事故で休んでしまったために会社からの給与が一部、または全額支払われなかったり、交通事故が要因でボーナスが減ったり、支払いがないというような場合に請求が出来ます。
金額については具体的に『休業損害額=1日当たりの損害額(日額基礎収入)×休業日数』で計算する方法があります

休業日数の計算方法は職種により異なる場合もありますが一般的な実務運用では上記の計算方法でよいでしょう。

基礎収入とは、事故前の収入のことで、通常は交通事故の3か月前からの給与をいいます。実務では、勤務先に交通事故前3か月分の給与支払額を記載した「休業損害証明書」を作成してもらいます。給与が月によって大きく変動する場合は、長期間にわたる収入や前年同期の収入を基準にすることもありますが、この場合の立証は被害者側が行います。
引用:http://www.kawasaki-asuka.com/jiko/page46.html